みんとの人生★行きつ戻りつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 子ぎつね ヘレン

<<   作成日時 : 2006/12/07 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


えぇっと・・・最初に言っておきます。
「子ぎつね ヘレン」が好きな人には多少厳しい内容を含んでいます。
駄文ですが、それをご承知の上お読みください。(^^;

DVD借りてみたんですが、正直びみょ〜です。

タイトルからもっと泣かせてくれるものと期待して見たのが、
ハードルを高くしてしまったのか・・・どうなのか。。びみょ〜です。

正直、前半部は何も伝わってこなかったような・・・。
間延びした感じがしてしまいました。

太一役の子も少し大人びすぎていた(台詞も含めて)のもイマイチ。
うまい子よりも多少下手でももっと感情を素直に伝えれるような子がよかった(上手いとも思いませんでしたが・・・)
そのせいか、子供の自分勝手さにとても嫌な感じを感じてしまいました。

いいところもあります(ふぉろー)。

ヘレンのかわいさ♪(以上)

へレンが太一を呼ぶ鳴き声がうるっとさせます。

この映画を見て、小さい時に見た「ドン松五郎の冒険(だったかな?)」を思い出しました。
子供ながらに人と犬との絆に感動したのを覚えてます。

そう思うと、素直に感動できなくなったのは、
私が大きくなったということなのかなぁ・・・。
はぁー、少し悲しい。。

公式HPhttp://www.helen-movie.jp/

個人的評価:★★☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 子ぎつね ヘレン のスクリーンプレイライターの、今井雅子さんという人は、私の大学の同じ学部の後輩だということを知りまして、びっくりしているところです。でも映画は見ていません。日本文化における狐という動物の象徴的意味なんてことを考えだすと、きつねうどんを食べるのさえ戸惑ってしまいそうで、やってられない。
ひよどり
2006/12/07 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
子ぎつね ヘレン みんとの人生★行きつ戻りつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる