アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「まじめなお話」のブログ記事

みんなの「まじめなお話」ブログ


美しい国にっぽん

2007/01/30 18:05
最近通常国会が開かれたこともあってこのフレーズがよくTVから聞こえてくる。

「美しい国にっぽん」

安倍首相の政治を表す象徴的フレーズである。

私はこのフレーズに嫌悪感を感じてしまう。
あまりにも今の世情と差がありすぎて、口にすることすらおこがましく
感じてしまうのは私だけだろうか。
たしかに政治とは理想を語るものかもしれない。
だが、そこには確実に現実が存在するものでもある。

私は「美しい国にっぽん」を実現するなど、軽々しく口にしてもらいたくない。
ましてや繰り返し口にするほど軽い言葉でもないと思う。
所詮、安倍首相にとっての政治を象徴する一フレーズにすぎないのだろうか。
それくらいのものなのかと疑問を感じえない。

それほど、今の日本はおかしくなってきていると私は感じてしまう。
最近問題になってる政治家のモラルや金の問題もそう、
先日ここで話題にした給食費未納問題もそう。

戦後、全てにおいて効率を重視するアメリカ社会の道を歩み続けてきた日本。
そのつけに、それまであった日本的な大切なものを
いくつも切り捨ててきたのではないだろうか?
効率も確かに大切だろう、ただし、それが全てではないと思いたい。

この言葉を聞くと「美しい国」ってなんだろう?と思う。
抽象的過ぎて何も伝わってこない。響いてこない。
この言葉を耳にするたびに私は安倍首相との距離を感じてしまうのである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


給食費未払い問題

2006/11/26 09:49
最近、年金を筆頭にNHK受信料、子供の学校の給食費の未払いが続いているそうです。
先日ニュースステーションで特集やってて、初めて知りました。

年金、NHK受信料は気持ちもわからんでもない(払ってますけど・・・)のですが、子供の学校の給食費は甚だ疑問です。確かに払わないということでは同じですが、意味合いは前の2つとは全く違います。

なぜなら、「子供」のことだからです。

親のエゴで子供にかわいそうな思いをさせているとは親は思わないのでしょうか?

「なぜみんなのうちは払っているのに、うちは払わないんだろう?」と思っているでしょう。
子供はとても多感です。こういうことで引け目を感じさせるのはかわいそうです。

支払い能力がないのは致し方ありません。
が、支払い能力があるのに払っていない親は何を考えているのか、私には全くわかりませんし、わかりたくもありません。

恥以外の何ものでもないと思いませんか?
それとも恥しいとも思わない親なのでしょうか?

そういう親の元に生まれてしまった子供がなによりカワイソウ。
どんなにお金はあってもツメタイ家庭と感じてしまいます。

こういったことがニュースで大々的に問題として流される今日、なんだか日本がだんだんおかしくなってきていると感じてしまいます。。悲しいなぁ・・・。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


トップへ | みんなの「まじめなお話」ブログ

みんとの人生★行きつ戻りつ まじめなお話のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる