アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ


スリーパーズ

2007/02/22 11:30
最近更新できてないなぁ・・・。
風邪長引いて大変です(^^;

さて、今回は私が大好きな映画の1本をご紹介!
画像


「スリーパーズ」です!
もう10年も前の作品なんですね。

話は、ふとしたいたずらから人を殺めてしまったことで少年院に
入れられた4人の少年が監視官に虐待を受けたことに発起します。
少年院を出た4人の少年は少年院で受けた虐待がその後の人生に大きな翳りを与える。
街のギャングとなった4人のうちの2人ジョンとトミーはバーで虐待を受けた
監視官ノークス(ケビン・ベーコン)を復讐の名の下に銃殺する。
そこから4人の本当の復讐が始まる。

なんといっても監視官ノークス役のケビン・ベーコンがはまりすぎ。
あの笑みにゾクッとしてしまいます。
そして検事役のブラッド・ピット、神父役のロバート・デニーロなど
他にも多彩な俳優がこの映画を彩っています。
147分を長く感じさせない映画!おススメです。

個人的評価:★★★★★
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


交渉人 真下正義/容疑者 室井慎次

2006/12/12 23:09
どちらも大ヒットシリーズ『踊る大捜査線』から生まれた映画です。

が、『踊る大捜査線』と同じものを期待してみると残念ながら期待はずれに終わります。

全くの別物。

画像


特に『容疑者 室井慎次』はそのテイストさえ感じられなかったような気がします。

映画自体もよくわからない方向にいってるというか彷徨ってますね(^^;

画像


対して『交渉人 真下正義』の方が見やすくつくられてはいると思います。

交渉人かどうかはさておきなかなか『踊る』テイストは感じられましたよ。

といってもどちらも特に何も残らない映画でしたが・・・。。

やっぱ青島刑事&和久さん&すみれさん のいる「踊る大捜査線」がいいです。
いかりやさんが亡くなられた今となってはもうつくられることはないのでしょうが・・・。

個人的評価:交渉人 真下正義 ★★☆☆☆
        容疑者 室井慎次 ☆☆☆☆☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子ぎつね ヘレン

2006/12/07 17:30
画像


えぇっと・・・最初に言っておきます。
「子ぎつね ヘレン」が好きな人には多少厳しい内容を含んでいます。
駄文ですが、それをご承知の上お読みください。(^^;

DVD借りてみたんですが、正直びみょ〜です。

タイトルからもっと泣かせてくれるものと期待して見たのが、
ハードルを高くしてしまったのか・・・どうなのか。。びみょ〜です。

正直、前半部は何も伝わってこなかったような・・・。
間延びした感じがしてしまいました。

太一役の子も少し大人びすぎていた(台詞も含めて)のもイマイチ。
うまい子よりも多少下手でももっと感情を素直に伝えれるような子がよかった(上手いとも思いませんでしたが・・・)
そのせいか、子供の自分勝手さにとても嫌な感じを感じてしまいました。

いいところもあります(ふぉろー)。

ヘレンのかわいさ♪(以上)

へレンが太一を呼ぶ鳴き声がうるっとさせます。

この映画を見て、小さい時に見た「ドン松五郎の冒険(だったかな?)」を思い出しました。
子供ながらに人と犬との絆に感動したのを覚えてます。

そう思うと、素直に感動できなくなったのは、
私が大きくなったということなのかなぁ・・・。
はぁー、少し悲しい。。

公式HPhttp://www.helen-movie.jp/

個人的評価:★★☆☆☆
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


男たちの大和/YAMATO

2006/12/04 15:19
画像

ツタヤでDVD借りて見ました。

期待してたほどではないですが、なかなか泣かせる場面もあり悪くはなかったかな。
映画の演出なんかよりもこういった時代があったという現実にいまさらながらに驚かされた感が強かった。

弟が兄の死を母に伝え遺髪を手渡す。。

目の前で人が傷つき死んでいく。。

死を感じる年端もいかない少年達。。

国を想い、母を想い、家族を想い、故郷を想う。。

戦争で悔やみつつ死んでいったもの達。。

戦争で運よく生き残った者は、生き残ったという枷を背負う。。

たった60年前このような、いやこれ以上の真実がこの日本で繰り広げられていたことを思い知らされたようでした。

劇中の長嶋一茂さん演じる役の言葉:
「日本は進歩を軽んじすぎた。進歩よりも精神主義を重んじてきた。」

今の日本はその逆をいってしまっているような気がしてなりません。
精神主義を軽んじ、進歩を重視してきた日本。
戦争を体験し今も存命でいらっしゃる方々はそんな今日の日本をどう思っているのでしょう?

話は映画に戻りますが・・・
劇中ではプライベートで今なにかと話題の中村獅童さんの演技が光ってました☆
今話題の映画「DEATH NOTE」でL役を演じる松山ケンイチも違う魅力を見せてます。
あと個人的に蒼井優ちゃんが好きです♪(^^

と個々はなかなか魅力的ですが、映画全体でいうとなんか微妙かもです。

1回見ただけで返しちゃいました。
シムソンズみたいに何回も見たいとは思わせてくれませんでしたね。

個人的評価:★★★☆☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シムソンズ

2006/11/25 17:57
画像


ツタヤで先日DVD借りてきて見ました。
今年のトリノオリンピックで一躍有名になったカーリングを題材にした作品です。

これも予想以上に良い作品でした。お奨めです。

カーリングを知らない人でも物語が楽しめるように説明もあり、わかりやすい。
よくあるような脚本にみえて、話がとても簡潔にすすめられていて、見やすいのが◎。

なにより、感動します!!(ぅ、デイ・アフター・トゥモローでも涙したし最近涙腺弱いかも。。w
菜摘(高橋真唯)が、史江(星井七瀬)の家を訪れるところなんてもうボロボロ泣いてました。

終わり方(ANGELSが拍手するところあたりから喝采を浴びるところあたり)がちょっと??と思いましたが、見終わった後はすがすがしく感じられました。
主題歌のJUDY AND MARY 「BLUE TEARS」/挿入歌が「小さな頃から」よりいい感じにまとめてくれてます。

とても暖かくて、元気になれる作品。なによりそんな青春時代をすごした彼女たちがうらやましく思えてしまいます。

公式HPhttp://www.sim-sons.com/
出演:加藤ローサ 、藤井美菜 、高橋真唯 、星井七瀬 、大泉洋 、森下愛子、他

ラストで知ったのですが、シムソンズは実在したそうです。

シムソンズ (カーリング) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%BA_(%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0)

一つだけ疑問が・・・5円玉の表ってそっちなの!?

個人的評価:★★★★★
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


デイ・アフター・トゥモロー

2006/11/25 11:24
画像


先週やってたのを録画したものですが、早朝から見てみました〜。

これが予想(実はそんなに期待してなかった・・・)を上回ってよかった。

特にサム・ホール(ジェィク・ギレンホール)が図書館で警官に真実を話し、
ここを離れてはいけないことを伝えたのに他の人に信じてもらえなかった時の
サムの無力感を感じさせるような演出・・・涙がでました。

どことなくタイタニック(特に好きではないのですが)の雰囲気を思い出させられました。
CGの綺麗さも必見です。映画館で見たかったなぁと感じさせる一本でした。

公式HPhttp://www.foxjapan.com/movies/dayaftertomorrow/

個人的評価:★★★★☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「映画」ブログ

みんとの人生★行きつ戻りつ 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる